Contents
事業概要
 近年は、東アジア地域の著しい経済発展を背景に経済のグローバル化が進む中、資金、人材等の確保をめぐり、アジアの都市間での競争が激化しています。東京が世界の主要都市との競争を強いられるように、国内においても、人口減少社会の影響も重なり、東京と地方都市、あるいは地方都市同士が熾烈な競争を強いられており、近畿においては大阪の都市力の創造・強化への取組みが強く望まれています。
 そういった中、大阪においては、関西に蓄積されている豊富な資源・人材・アイデアを十分に活用した新たな付加価値を生むような経済活動がさらに必要であり、都市圏全体を大きく変えるほどの影響力を持った先進的な取組みが大阪の都市再生に求められています。
 このような背景を踏まえ、大阪の都市力の創造・強化に貢献すべく当部会では民間のノウハウと意欲により、大阪および関西圏における開発整備や都市再生のあり方を調査研究・提言することで、関西の活性化に寄与していきます。
 具体的には、「情報交流活動」「調査研究活動」の2本柱で展開し、中心的な活動である調査研究活動では平成25年度より新たに『大阪の都市格向上研究会』を立ち上げました。
 大阪の都市格向上研究会では、 各回、外部から講師をお招きし、意見交換を行い、調査報告書を取りまとめていきます。
  ※研究会への参加は随時受け付けていますので、ご興味をお持ちいただけましたら、事務局までお気軽にご連絡ください。

【H25〜都市格向上研究会での主な講師陣(役職は講演当時)】
 明治大学専門職大学院長/(一財)森記念財団都市戦略研究所理事 市川 宏雄 氏
 蟯儻経済新聞社関西支社長代行 神保 元英 氏
 明治学院大学経済学部教授 服部 圭郎 氏
 大阪観光局長 加納 國雄 氏
 JTB西日本国際旅行営業部東アジア営業統括課長 鳴尾 仁秀 氏
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング蝓〃歃僉κ顕柔策センター長 太下 義之 氏
 慶応義塾大学総合政策学部 准教授  玉村 雅敏 氏
 浄土宗大蓮寺・應典院 住職/パドマ幼稚園 園長  秋田 光彦 氏
 (一社)大阪あそ歩  代表理事  茶谷 幸治 氏
 螢縫奪札ご霑淡Φ羹蠍Φ罅〕事/東京芸術文化評議員会評議員・文化プログラム検討部会長 吉本 光宏 氏
 大阪市都市計画局 局長 川田 均 氏
 国土交通省 国土政策局 総合計画課長 白石 秀俊氏
 政策研究大学院大学 名誉教授 松谷 明彦 氏
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング蠕策研究事業本部 名古屋本部副本部長 加藤義人 氏
 同志社大学 グローバル地域文化学部 助教 二村太郎 氏
 東海大学 文学部広報メディア学科 教授 河井孝仁氏

【研究会の参画メンバー】
●部会長 吉川 和広  大阪都市再生部会(京都大学 名誉教授)
●座 長 森澤 五郎  大阪都市再生部会 大阪の都市格向上研究会
●研究会参加企業・団体(50音順)
大阪ガス株式会社        西日本電信電話株式会社
株式会社大林組         株式会社日建設計
川崎重工業株式会社      株式会社日立製作所
関西電力株式会社        日立造船株式会社
新日鐵住金株式会社      三菱重工業株式会社
株式会社竹中工務店      三菱電機株式会社
一般財団法人大阪湾ベイエリア開発推進機構
開催情報
開催情報 : 2/9(木)第45回部会
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2016.12.13

■大阪都市再生部会 第45回部会
1.日にち:平成29年 2月 9日(木)
2.時 間:11:00〜 12:00
3.場 所:大阪科学技術センタービル7階700号室
4.内 容:平成28年度活動報告、平成29年度活動計画についてのご審議


開催情報 : 2/9(木)第72回フォーラム
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2016.12.13

■ 大阪都市再生部会 第72回フォーラム
1.日にち:平成29年 2月 9日(木)
2.時 間:9:30〜 11:00
3.場 所:大阪科学技術センタービル7階700号室
4.内 容:『食サービス産業の生産性を向上させるための高等教育と、その活用へ向けて』
  講 師:立命館大学 経済学部 教授/食科学部設置委員会事務局長 井澤裕司氏


開催情報 : 1/20(金)第4回 大阪の都市格向上研究会
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2016.12.13

■第4回 大阪の都市格向上研究会
1.日 時:平成29年 1月 20日(金) 15:00〜18:00
      (15:00〜16:30(講演)、16:40〜18:00(会議))
2.場 所:大阪科学技術センタービル7階 702号室
3.内 容:
 ]誕蠶鷆 崔羚颪ら見た日本の中の大阪〜在日本となった中国人による越境文化交流への試み」
  講 師:神戸国際大学 経済学部 国際文化ビジネス・観光学科 教授
      毛 丹青(マオ・タンセイ)氏
 会議
  議 案:報告書のとりまとめについて


開催情報 : 1/10(火) 第53回先進事例調査
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2016.12.13

■大阪都市再生部会 第53回先進事例調査
1.日 時:平成29年 1月10日(火)
       16:00〜18:00(見学)
       18:15〜20:45(交流会)
2.視察先:メビック扇町
      (カンテレ扇町スクエア 3F 交流スペース)
3.内 容:
 ・講演「クリエイティブネットワークセンター大阪メビック扇町の活動紹介」
  メビック扇町 所長・チーフコーディネーター 堂野 智史氏
 ・クリエイターとの意見交換
 ・わたしのマチオモイ帖展視察


開催情報 : 報告書を取りまとめました
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2015.06.16

大阪の都市格向上研究会 調査研究報告書
『市民が誇る「大阪」を目指して』をとりまとめました

近年の社会経済環境の急激な変化やインターネットを始めとする情報技術の急速な発展と普及により、世界との距離が一気に縮まりを見せ、都市のレベルでは「選ばれる都市」になるために国際規模での都市間競争が激化しています。国内においても、人口減少の影響も重なり、東京と地方都市、あるいは地方都市同士が熾烈な競争を強いられており、近畿においては大阪の都市力の創造・強化への取組みが強く望まれています。
 (一財)大阪科学技術センターの大阪都市再生部会(部会長:吉川和広 京都大学名誉教授)では、このような時代認識のもと、平成25年度より「大阪の都市格向上研究会」(座長:森澤五郎 蠱歟羚務店(当時))を設置し、民間企業の委員を中心に大阪のあるべき「都市格」についての検討を進めてきました。
研究会では、平成25年度は(一財)森記念財団都市戦略研究所が作成する「世界の都市総合力ランキング Global Power City Index 2012」の指標に基づいた考察を深め、都市格の構成要素を整理し、平成26年度は、「大阪らしさ」に着目し、そこから導き出される魅力を基に、大阪の「都市格」を高めるための方向性を明らかにし、その結果を『市民が誇る「大阪」を目指して』としてとりまとめました。
皆様の今後の活動のご参考にご活用いただければ幸いです。

  H25-26年度 大阪の都市格向上研究会 調査研究報告書 『市民が誇る「大阪」を目指して』
  ↑ここからダウンロードできます(pdf)


終了しました
お問合せ
(一財)大阪科学技術センター
技術振興部
〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
TEL : 06-6443-5322
FAX : 06-6443-5319
MAIL:ishida@ostec.or.jp
担当 : 大原・島袋・川口
Link
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
Copyright © 2007 OSTEC all rights reserved.