Contents
燃料電池・FCH部会〜全国最大級の燃料電池コミュニティ〜
 燃料電池・FCH部会は昭和62年に発足した、全国最大級の燃料電池コミュニティで、燃料電池、水素関連の「講演会・見学会・ディスカッション」により、当該分野関係者のコンセンサスを醸成し、会員相互の情報交流を行います。
 部会には第一線で活躍されている研究者・関係者が参加し、相互研磨の場、企業間、企業と大学・研究機関といった繋がりの、きっかけ作りの場としてもご活用いただいております。
 水素・燃料電池分野への新規参入を本気で考えておられる企業様にも最適な研究会です。


メンバー  代表:江口 浩一(京都大学 教授)、稲葉 稔(同志社大学 教授)
      副代表 :鈴木稔(大阪ガス )
会  員:121名(産業界31法人58名、学・官界63名)
活動概要:年7回定例研究会を開催(講演会4回、見学会2回、公開シンポジウム1回を予定)
      関心の高いテーマ、タイムリーな開催を心掛けています。
      詳細は活動計画書をご確認下さい→平成28年度 燃料電池・FCH部会 活動計画書(PDF)
会  費:協賛金 15万円/年(都度の参加費はいただいておりません。)


 講演会開催時には、「お試し参加」を設けております。1社1回に限り、研究会および終了後の講師・会員との交流会に無料でご参加いただけます(1社2名まで)。入会検討の際には、ご活用ください。

  
開催情報
最近の開催情報 : 第238回定例研究会【お試し参加可能】
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2016.05.20

第238回定例研究会

お試し参加可能です。申込方法は事務局までお問い合わせ下さい。

               記

開催日:平成28年 6月 22日(水) 
時 間:13:30〜17:30(研究会)、 17:30〜(交流会)
場 所:大阪科学技術センタービル 8階中ホール
【研究会】
(1)13:30-13:35 代表挨拶

(2)13:35-14:35[QA含む]
  講演 嵜總燃萢兌匆颪療庫召伐歛蝓
      東京理科大学大学院 イノベーション研究科 教授 橘川武郎氏

(3)14:35-15:25[QA含む]
  講演◆峩罰Δ箸靴討FCV・水素インフラ普及の取組み」
(一社)水素供給利用技術協会 情報・渉外部長 粟津幸雄氏

              - 休憩 -

(4)15:40-16:30[QA含む]
  講演「欧米を中心とした海外の水素・燃料電池分野の市場動向、
       将来への見通しと課題」
      (株)ローランド・ベルガー プリンシパル 遠山浩二氏

(5)16:30-17:20 総合質疑

 【交流会】
17:30〜 7階レストラン


最近の開催情報 : 第237回定例研究会
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2016.04.12

第237回定例研究会

お試し参加可能です。申込方法は事務局までお問い合わせ下さい。

開催日:平成28年 5月 19日(木) 
時 間:13:30〜17:30(研究会)、 17:30〜(交流会)
場 所:大阪科学技術センタービル 7階700会議室
【研究会】
(1)13:30-13:35 代表挨拶
(2)13:35-14:25[QA含む]
  講演 崘化学法ISプロセスによる水素製造の取組」
  (国研)日本原子力開発機構 原子力科学研究部門
   高温ガス炉水素・熱利用研究センター 特別嘱託 稲垣嘉之氏

(3)14:25-15:15[QA含む]
  講演◆屮廛蹈肇鹽粗垣電解質セルを用いた水蒸気電解技術」
  (株)日本触媒 基盤技術研究所 室長 山崎勇英氏

(4)15:30-16:20[QA含む]
  講演「アルカリ水電解による再生可能エネルギーからの水素製造の取組」
  旭化成(株) 研究開発センター エネルギー材料G 主席研究員 臼井健敏氏

(5)16:20-17:00 新規学術委員からの研究紹介
  京都大学大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻 熱工学研究室 准教授 岩井裕氏

(6)17:00-17:30 総合質疑

 【交流会】
17:30〜 7階レストラン


最近の開催情報 : 第236回定例研究会(会員限定)
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2016.04.12

第236回定例研究会(見学会)


開催日:平成28年3月10日(木) 
時 間:14時〜17時
場 所:関西国際空港

プログラム:
現地集合
14:15〜14:45 水素インフラ(圧縮機・蓄圧器) 視察
14:55〜15:15 KIXメガソーラー 視察
15:25〜16:45 イワタニ水素ステーション関西国際空港 視察
第1ターミナル解散


最近の開催情報 : 第235回定例研究会
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2016.01.18

第235回定例研究会「学会トピックス」

お試し参加可能です。申込方法は事務局までお問い合わせ下さい。

開催日:平成28年 2月 25日(木) 
時 間:13:30〜17:00(研究会)、 17:00〜(交流会)
場 所:大阪科学技術センタービル 7階700会議室
【研究会】
 (1)13:30-13:35 代表挨拶
 (2)13:35-14:25[QA含む]
   講演 峺蚤旅睚子形燃料電池触媒層の構造形成過程と性能への影響に関する解析」
      日産自動車株式会社 総合研究所 先端材料研究所 主任研究員 大間敦史氏

 (3)14:25-15:15[QA含む]
   講演◆崚典げ蹴愿多段酸化SOFCによる高効率発電の可能性」
      東京ガス株式会社 基盤技術部 主席研究員 松崎良雄氏

 (4)15:30-16:20[QA含む]
   講演「PEFC ガス拡散層の基本性能評価法に関する研究」
      九州大学大学院 工学研究院 機械工学部門 准教授 北原辰巳氏

 (5)16:20-17:00 総合質疑

 【交流会】
   17:00〜


最近の開催情報 : 平成27年度公開シンポジウム
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2015.11.09

燃料電池・FCH部会 公開シンポジウム 
『水素エネルギー社会の構築に向けて』

ご参加ありがとうございました。



←シンポジウム案内PDF



←参加申込書Word


1.日  時: 平成27年12月14日(月) 13:00〜17:30(シンポジウム)、17:30〜(交流会)
2.場  所: 大阪科学技術センター 8階中・小ホール
3.定  員: 120名
4.プログラム:
(1)13:00-13:05 代表挨拶
(2)13:05-13:50
  講演 嵜總納匆颪妨けたSIP『エネルギーキャリア』の取組み」
       内閣府SIP「エネルギーキャリア」プログラムディレクター 村木茂氏
(3)13:50-14:35
  講演◆峅そにおけるPower to Gas市場動向と当社の技術」
       日立造船株式会社 執行役員 地球環境ビジネス開発推進室 室長 熊谷直和氏
(4)14:35-15:20
  講演「都市型バイオマスを利用したCO2フリー水素の取組み」
       独立行政法人都市再生機構 経営企画部投資管理チーム チームリーダー 那須基氏
(5)15:35-16:20
  講演ぁHondaにおける燃料電池自動車の開発と水素社会実現に向けて」
       株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第5技術開発室 上席研究員 守谷隆史氏
(6)16:20-17:05
  講演ァSOFC-MGTハイブリッド機の実用化に向けた取組について」
       三菱日立パワーシステムズ株式会社 燃料電池事業室 戦略企画グループ長 岸沢浩氏
(7)17:10-17:30
総合質疑   進行:江口 浩一 氏(京都大学教授 ・ 燃料電池・FCH部会 代表)
           稲葉  稔 氏(同志社大学教授 ・ 燃料電池・FCH部会 代表)
[交流会] 17:30〜 大阪科学技術センター 7階レストラン

5.主  催:  (一財)大阪科学技術センター 燃料電池・FCH部会
6.協  賛(予定):
(一社)エネルギー・資源学会、(公社)化学工学会関西支部、(公社)化学工学会エネルギー部会、
(一社)近畿化学協会、(公社)電気化学会関西支部、(公社)電気化学会電池技術委員会、
(一社)日本電機工業会、(一社)燃料電池開発情報センター、燃料電池実用化推進協議会
7.参加費: 
○シンポジウム参加費:
  ・OSTEC賛助会員および研究会等会員、協賛団体会員:(企業)10,000円、(大学・公的研究機関)5,000円
  ・その他一般参加:15,000円 
  ・燃料電池・FCH部会 会員・会員企業:無料
○交流会参加費: 3,000円(燃料電池・FCH部会 会員・会員企業:無料)


申し込みは上部の案内・申込書にて事務局までご連絡下さい。


終了した研究会
参加申し込み
お問合せ
一般財団法人大阪科学技術センター
技術振興部
〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
TEL : 06-6443-5320
FAX : 06-6443-5319
MAIL :masuyama+ostec.or.jp
(+を@に変更してください。)
担当 : 増山・吉岡
Link
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
Copyright © 2007 OSTEC all rights reserved.