Contents
燃料電池・FCH部会〜全国最大級の燃料電池コミュニティ〜
 燃料電池・FCH部会は1987年に発足した、全国最大級の燃料電池コミュニティで、燃料電池、水素関連の「講演会・見学会・ディスカッション」により、当該分野関係者のコンセンサスを醸成し、会員相互の情報交流を行います。
 部会には第一線で活躍されている研究者・関係者が参加し、相互研磨の場、企業間、企業と大学・研究機関といった繋がりの、きっかけ作りの場としてもご活用いただいております。
 水素・燃料電池分野への新規参入を本気で考えておられる企業様にも最適な研究会です。


メンバー 
代 表  稲葉 稔(同志社大学 理工学部 機能分子・生命化学科 教授)

副代表  鈴木 稔(大阪ガスマーケティング 商品技術開発部 フェロー)
     松井 敏明(京都大学 大学院工学研究科 物質エネルギー化学専攻 准教授)
     安田 和明((国研)産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 電池技術研究部門 研究部門長)
     小原 英夫(パナソニックホールディングス マニュファクチャリングイノベーション本部 本部長)

会  員  133名(産業界37法人72名、学・官界61名)

活動概要 年7回定例研究会を開催(講演会4回、見学会2回、公開シンポジウム1回を予定)
     関心の高いテーマ、タイムリーな開催を心掛けています。
     詳細は活動計画書をご確認下さい→2022年度 燃料電池・FCH部会 活動計画書(PDF)

会  費  協賛金 15万円/年(都度の参加費はいただいておりません。)


 講演会開催時には、「お試し参加」を設けております。1社1回に限り、研究会および終了後の講師・会員との交流会に無料でご参加いただけます(1社2名まで)。入会検討の際には、ご活用ください。

  
開催情報
最近の開催情報 : 第283回定例研究会(お試し参加可)
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2023.01.24

1.日 時   2023年3月1日(水) 13:30〜17:00
2.場 所   大阪科学技術センター 4階404号室(来場:定員40名) および オンライン(Zoom)
3.プログラム
(1)13:30-13:35 代表挨拶
(2)13:35-14:25(QA含む)
   講演 Pt系触媒へのメラミン修飾によるORR活性と耐久性向上および電池特性向上に向けた
       メソポーラスカーボン担体の検討」
       同志社大学 理工学部 電気化学教室
       研究支援員 大門 英夫 氏

(3)14:25-15:15(QA含む)
   講演◆屮廛蹈肇鹽粗灰淵離侫.ぅ弌蕊埒ド曚鰺する空気極触媒層の性能評価」
       株式会社豊田中央研究所 燃料電池研究領域
       研究員 吉野 修平 氏
 
          ― 休憩(10分) ―

(4)15:25-16:15(QA含む)
   講演「燃料電池(FC)システムの多用途展開への活用を目指した統合システムシミュレーターの開発」
       京都大学大学院 化学工学専攻 反応工学分野(河瀬研究室) 特定助教
       トヨタ自動車株式会社 CVカンパニー 水素基盤開発部 先端開発・技術連携グループ
       主幹 長谷川 茂樹 氏

(5)16:15-16:55 総合質疑
(6)16:55-17:00 代表挨拶
(7)17:00-18:00 交流会(コロナウイルスの感染状況によっては、見合わせる場合がございます。)


最近の開催情報 : 2022年度公開シンポジウム
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2022.11.22





2022年度公開シンポジウム開催案内PDF

燃料電池・FCH部会 2022年度公開シンポジウム
「カーボンニュートラル社会の実現に向けた燃料」

1.日時:2023年1月26日(木) 13:00〜17:35、17:40頃〜交流会
2.場所:大阪科学技術センター 8階中・小ホールおよびオンライン(Zoom)、7Fレストラン(交流会)
3.定員:会場 70名、オンライン 150名
4.プログラム
【シンポジウム】
 (1)13:00-13:05 代表挨拶
 (2)13:05-13:55
    講演 峭餾歐總妊汽廛薀ぅ船А璽鷙獣曚惴けた取り組みと水素事業展開」
        川崎重工業株式会社 技術総括部 技術総括部長/理事 森本 勝哉 氏

 (3)13:55-14:45
    講演◆屮▲襯リ水電解システムによる大規模な水素製造への取組み」
        旭化成株式会社 環境ソリューション事業本部
        グリーンソリューションプロジェクト クリーンエネルギープロジェクト長 磯部 安秀 氏

             ― 休憩(15 分)―

 (4)15:00-15:50
    講演「船舶燃料としてのアンモニア、アンモニア焚き船の開発と実証(仮)」
        株式会社商船三井 エネルギー営業本部
        エネルギー営業戦略部・燃料部 専任部長(代替燃料担当) 田口 真一 氏
        エネルギー営業戦略部 石川 博登 氏

 (5)15:50-16:40
    講演ぁ屮ーボンニュートラルな合成燃料の製造方法と課題」
        成蹊大学 理工学部 理工学科 教授 里川 重夫 氏
             
             ― 休憩(10 分)―

 (6)16:50-17:30 総合質疑
            進行:稲葉 稔 氏(同志社大学 教授 燃料電池・FCH部会 代表)
 (7)17:30-17:35 代表挨拶
 【交流会】17:40〜1時間程度 予定(コロナウイルスの感染状況によっては、見合わせる場合がございます。)


終了した研究会
参加申し込み
お問合せ
(一財)大阪科学技術センター
技術振興部
〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
TEL : 06-6443-5320
FAX : 06-6443-5319
MAIL :
shoji@ostec.or.jp
oda@ostec.or.jp
担当 : 小路 剛史
     /尾田 友紀
     /吉岡 奈美
Link
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
Copyright © 2007 OSTEC all rights reserved.