Contents
新着情報
  
最近の開催情報 : 第290回定例研究会(学会トピックス)(お試し参加可)
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2024.02.16

1.日時 2024年3月25日(月)13:30〜17:00(研究会)、17:15頃〜交流会
2.場所 大阪科学技術センター 4階403号室、オンライン(Zoom)、B1F(交流会)
3.プログラム
【研究会】『学会トピックス』
(1)13:30-13:35 会長挨拶
(2)13:35-14:25 (QA含む)
  講演 崘確租澱喊媒インク内凝集構造の溶媒親水性依存性の解析」
  株式会社豊田中央研究所 水素エネルギー研究領域
  研究員  吉野 修平 氏
(3)14:25-15:15(QA含む)
  講演◆NEDO PEFC評価解析プラットフォームでの発電評価プロトコルと市販触媒評価」
  山梨県産業技術センター
  主任研究員 三神 武文 氏

  ― 休憩(15分) ―

(4)15:30-16:20(QA含む)
  講演「産総研GZRでのSOFC/SOEC研究」
  産業技術総合研究所 ゼロエミッション国際共同研究センター
  電気化学デバイス基礎研究チーム
  (兼) 省エネルギー研究部門 エネルギー変換技術グループ
  岸本 治夫 氏
(5)16:20-16:55 総合質疑
(6)16:55-17:00 代表挨拶
【交流会】 17:15〜1時間程度 (立食、途中退席可、無料)


終了した研究会 : 2023年度公開シンポジウム
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2023.12.04

多数のご参加、ありがとうございました!



2023年度公開シンポジウム 開催案内PDF



1.日  時: 2024年1月26日(金)13:30〜17:30、17:40頃〜交流会
2.場  所: 大阪科学技術センター 4階401およびオンライン(Zoom)、7Fレストラン(交流会)
3.定  員: 会場 70名、オンライン 100名
4.プログラム
【テーマ】 水素利用技術
(1)13:30-13:35 代表挨拶
(2)13:35-14:25(QA含む)
 講演 嵜總納匆饉存修妨けた我が国の政策について」
 経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 水素・アンモニア課
 水素技術専門職 西川 慶 氏
(3)14:25-15:15(QA含む)
 講演◆崙本鉄鋼業におけるカーボンニュートラルへの取り組みと課題」
 日本製鉄株式会社
 顧問 村上 英樹 氏
 ― 休憩(15分) ―
(4)15:30-16:20(QA含む)
 講演「Hondaの燃料電池開発 〜多用途展開への取り組み〜」
 株式会社 本田技術研究所 先進パワーユニット・エネルギー研究所
 エネルギーユニット開発室 第2ブロック
 チーフエンジニア 斗ヶ沢 秀一 氏
(5)16:20-17:10(QA含む)
 講演ぁ屮ーボンニュートラルの達成に向けた水素・アンモニア焚きガスタービンの取組み」
 三菱重工業株式会社 ガスタービン技術部
 技監・技師長 谷村 聡 氏
(6)17:10-17:25 総合質疑
(7)17:25-17:30 代表挨拶
【交流会】 17:40〜1時間程度 (立食、途中退席可)

5.主  催:(一財)大阪科学技術センター 燃料電池・FCH部会

6.協  賛:
 (一社)エネルギー・資源学会、(一社)近畿化学協会、(一社)日本電機工業会、
 (一社)燃料電池開発情報センター、(公社)化学工学会関西支部、(公社)化学工学会エネルギー部会、
 (公社)電気化学会関西支部、(公社)電気化学会電池技術委員会、燃料電池実用化推進協議会

7.参加費(消費税込):
 ○シンポジウム参加費:
 ・OSTEC賛助会員、OSTEC研究会等会員、協賛団体会員:(企業)10,000円、(大学・公的機関)5,000円
 ・その他一般参加:(企業)15,000円、(大学・公的機関)5,000円
 ・燃料電池・FCH部会 会員・会員企業:無料
 ○交流会参加費: 3,000円(燃料電池・FCH部会 会員・会員企業:無料)

8.支払方法:
 ・会場参加:当日、参加費(現金のみ)をお支払いいただき、領収書を発行いたします。
 ・オンライン参加:別途の振込先、期日までにお振込みをお願いいたします。
 (領収書等をご希望の場合、ご連絡いただけましたら郵送いたします。)

9.その他:
 ・講演資料集は、来場参加の方へは当日冊子として配布し、オンライン参加の方へは電子データにて事前に
  配布いたします。
 ・感染予防対策として、アルコール消毒、換気の徹底、参加者名簿の管理を行います。また、講演会ならびに
  交流会でのマスクの着用は、ご自身の判断でお願い致します。

10.申込み方法:
 1月10日(水) 迄に、必要事項
  ・来場orオンライン参加
  ・ご芳名
  ・会社、機関名
  ・所属・役職名
  ・ご連絡先
  ・交流会出欠
 ※オンラインで有料参加の方は下記もご返信ください。
  ・請求書:( )必要 ・ ( )不要 、
  ・領収書:( )必要 ・ ( )不要
  ・請求書領収書送付先ご住所:〒
  ・請求書、あるいは、領収書の宛名:
 と共に、E-mail(yoshioka@ostec.or.jp (吉岡行))、
 もしくは下記FAX用紙にご記入の上、お申込み下さい。


終了した研究会 : 燃料電池・FCH部会 第284回定例研究会 開催ご案内
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2023.06.13

1.日 時   2023年7月10日(月) 13:30〜17:20(研究会)、17:30頃〜交流会
2.場 所   大阪科学技術センター 4階404号室(来場) および オンライン(Zoom)、7Fレストラン(交流会)
3.プログラム
【研究会】『SOEC、PCFCプロトン伝導体』
(1)13:30-13:35 代表挨拶
(2)13:35-14:25(QA含む)
講演 屮僖淵愁縫奪におけるプロトン伝導セラミック燃料電池開発」
    パナソニックホールディングス株式会社 技術部門 テクノロジー本部 マテリアル応用技術センター 3部 3課
        山内 孝祐 氏
(3)14:25-15:15(QA含む)
講演◆崢祺杭酘芦修鯡椹悗靴PCFC開発とインフォマティクスの活用」
    宮崎大学 工学教育研究部 環境・エネルギー工学研究センター 応用物質化学コース/環境ロボティクス学科
     教授 奥山 勇治 氏

          ― 休憩(15分) ―

(4)15:30-16:20(QA含む)
講演「高効率化に向けたプロトン伝導性セラミック燃料電池のセルおよびシステムデザイン」
    東京工業大学 環境・社会理工学院 融合理工学系 エネルギーコース
    教授 大友 順一郎 氏
(5)16:20-16:50(QA含む)
企業紹介「日清紡ホールディングス株式会社 会社紹介」
    日清紡ホールディングス株式会社 新規事業開発本部 企画室
      湯山 佳菜子 氏
(6)16:50-17:15 総合質疑
(7)17:15-17:20 代表挨拶
【交流会】 17:30〜1時間程度 (立食、途中退席可)
                          以 上


終了した研究会 : 第283回定例研究会(お試し参加可)
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2023.01.24

1.日 時   2023年3月1日(水) 13:30〜17:00
2.場 所   大阪科学技術センター 4階404号室(来場:定員40名) および オンライン(Zoom)
3.プログラム
(1)13:30-13:35 代表挨拶
(2)13:35-14:25(QA含む)
   講演 Pt系触媒へのメラミン修飾によるORR活性と耐久性向上および電池特性向上に向けた
       メソポーラスカーボン担体の検討」
       同志社大学 理工学部 電気化学教室
       研究支援員 大門 英夫 氏

(3)14:25-15:15(QA含む)
   講演◆屮廛蹈肇鹽粗灰淵離侫.ぅ弌蕊埒ド曚鰺する空気極触媒層の性能評価」
       株式会社豊田中央研究所 燃料電池研究領域
       研究員 吉野 修平 氏
 
          ― 休憩(10分) ―

(4)15:25-16:15(QA含む)
   講演「燃料電池(FC)システムの多用途展開への活用を目指した統合システムシミュレーターの開発」
       京都大学大学院 化学工学専攻 反応工学分野(河瀬研究室) 特定助教
       トヨタ自動車株式会社 CVカンパニー 水素基盤開発部 先端開発・技術連携グループ
       主幹 長谷川 茂樹 氏

(5)16:15-16:55 総合質疑
(6)16:55-17:00 代表挨拶
(7)17:00-18:00 交流会(コロナウイルスの感染状況によっては、見合わせる場合がございます。)


終了した研究会 : 2022年度公開シンポジウム
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2022.11.22





2022年度公開シンポジウム開催案内PDF

燃料電池・FCH部会 2022年度公開シンポジウム
「カーボンニュートラル社会の実現に向けた燃料」

1.日時:2023年1月26日(木) 13:00〜17:35、17:40頃〜交流会
2.場所:大阪科学技術センター 8階中・小ホールおよびオンライン(Zoom)、7Fレストラン(交流会)
3.定員:会場 70名、オンライン 150名
4.プログラム
【シンポジウム】
 (1)13:00-13:05 代表挨拶
 (2)13:05-13:55
    講演 峭餾歐總妊汽廛薀ぅ船А璽鷙獣曚惴けた取り組みと水素事業展開」
        川崎重工業株式会社 技術総括部 技術総括部長/理事 森本 勝哉 氏

 (3)13:55-14:45
    講演◆屮▲襯リ水電解システムによる大規模な水素製造への取組み」
        旭化成株式会社 環境ソリューション事業本部
        グリーンソリューションプロジェクト クリーンエネルギープロジェクト長 磯部 安秀 氏

             ― 休憩(15 分)―

 (4)15:00-15:50
    講演「船舶燃料としてのアンモニア、アンモニア焚き船の開発と実証(仮)」
        株式会社商船三井 エネルギー営業本部
        エネルギー営業戦略部・燃料部 専任部長(代替燃料担当) 田口 真一 氏
        エネルギー営業戦略部 石川 博登 氏

 (5)15:50-16:40
    講演ぁ屮ーボンニュートラルな合成燃料の製造方法と課題」
        成蹊大学 理工学部 理工学科 教授 里川 重夫 氏
             
             ― 休憩(10 分)―

 (6)16:50-17:30 総合質疑
            進行:稲葉 稔 氏(同志社大学 教授 燃料電池・FCH部会 代表)
 (7)17:30-17:35 代表挨拶
 【交流会】17:40〜1時間程度 予定(コロナウイルスの感染状況によっては、見合わせる場合がございます。)


(1) 2 3 4 ... 23 »
参加申し込み
お問合せ
(一財)大阪科学技術センター
技術振興部
〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
TEL : 06-6443-5320
FAX : 06-6443-5319
MAIL :
shoji@ostec.or.jp
hyodo@ostec.or.jp
担当 : 小路 剛史
    /兵藤 紗矢香
     /吉岡 奈美
Link
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
Copyright © 2007 OSTEC all rights reserved.