Contents
新着情報
  
最近の開催情報 : 2019年度公開シンポジウム
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019.10.30

燃料電池・FCH部会 2019年度公開シンポジウム 
『国内外に広がる燃料電池・水素ビジネス』





2019年度公開シンポジウム開催案内PDF



1. 日 時  2020年1月28日(火)  
        13:00〜17:35(シンポジウム)、17:40頃〜(交流会)
2. 場 所  大阪科学技術センター
        8階大ホール(シンポジウム)、B101号室(交流会)
3. 定 員  120名
4. プログラム

【シンポジウム】
(1)13:00-13:05 代表挨拶
(2)13:05-13:55 (QA5分程度含む)
 講演 崔羚颪凌總如η確租澱啝唆箸瞭宛」
  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 北京事務所 
  主査 山下 恭平氏
(3)13:55-14:45 (QA5分程度含む)
 講演◆嵳機ハイドライド電解合成法によるCO2フリー水素製造技術の開発」
  JXTGエネルギー株式会社 中央技術研究所 ソリューションセンター
  エネルギー・素材基盤技術グループ 担当マネージャー 松岡 孝司氏

 ― 休憩(15分)―

(4)15:00-15:50 (QA5分程度含む)
 講演「パナソニックの水素関連技術と水素社会普及に向けた取り組み(仮)」
  パナソニック株式会社 アプライアンス社 スマートエネルギー事業部 
  経営企画部 グローバル水素事業推進課 課長 河村 典彦氏
(5)15:50-16:40 (QA5分程度含む)
 講演ぁ崘確租澱單監纂嵶召粒発動向(仮)」
  公益財団法人鉄道総合技術研究所 車両制御技術研究部
  水素・エネルギー研究室 主任研究員 米山 崇氏

 ― 休憩・レイアウト変更(10分)―

(6)16:50-17:30 総合質疑
 進行:江口 浩一氏(京都大学  教授 燃料電池・FCH部会 代表)
    稲葉 稔 氏(同志社大学 教授 燃料電池・FCH部会 代表)
 登壇:講師4名、江口代表、稲葉代表

(7)17:30-17:35 代表挨拶

【交流会】17:40頃〜1時間程度 (立食、途中退席可)

5.主 催
 (一財)大阪科学技術センター 燃料電池・FCH部会

6.協 賛(予定)
 (一社)エネルギー・資源学会、(一社)近畿化学協会、(一社)日本電機工業会、
 (一社)燃料電池開発情報センター、(公社)化学工学会関西支部、
 (公社)化学工学会エネルギー部会、(公社)電気化学会関西支部、
 (公社)電気化学会電池技術委員会、 燃料電池実用化推進協議会

7.参加費(領収書は当日発行致します、消費税込) 
 ○シンポジウム参加費:
  ・OSTEC賛助会員および研究会等会員、協賛団体会員
          :(企業)10,000円、(大学・公的機関)5,000円
  ・その他一般参加:(企業)15,000円、(大学・公的機関)5,000円
  ・燃料電池・FCH部会 会員・会員企業:無料
 ○交流会参加費: 3,000円
  (燃料電池・FCH部会 会員・会員企業:無料)

8.申込み方法
  1月15日(水) 迄に、必要事項(会社・機関名、所属・役職名、貴名、
  会員資格、ご連絡先、交流会出欠)と共に、E-mail、もしくはFAX用紙
  にご記入の上お申し込み下さい。


終了した研究会 : 第262回定例研究会
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019.10.29

1.日 時  2019年12月5日(木) 13:15〜17:15 
      (現地集合、現地解散)

2.場 所  岩谷産業株式会社 中央研究所
      (兵庫県尼崎市次屋3丁目3−3番16号) 
       会場名:1階 プレゼンテーションルーム1

3.プログラム
【研究会】『液化水素研究設備、超高圧水素ガス研究設備』
 12:45−13:15  受付:1階 プレゼンテーションルーム1 入口
 13:15 現地集合(岩谷産業株式会社 中央研究所、
    最寄り駅:JR尼崎or阪急園田 → 阪神バス 五反田(兵庫県)他)

(1)13:15-13:20 代表挨拶
(2)13:20-13:35
 ご紹介「岩谷産業中央研究所のご紹介」
  岩谷産業株式会社 上級理事 中央研究所副所長 繁森 敦氏
(3)13:35-14:25(QA含む)
 講演 嵜總妊好董璽轡腑麌兵繊Ψ徇霧〆困妨けた研究開発」
  岩谷産業株式会社 中央研究所 水素技術開発担当マネージャー 宮代 俊生氏
(4)14:25-15:15(QA含む)
 講演◆岷娉戎總脳紺儀真總妊好董璽轡腑鶺蚕儡霆犧定に向けた取り組み」
  岩谷産業株式会社 中央研究所 水素技術開発担当 宮鍋 昂大氏

 ― 休憩(10分) ―

(5)15:25-16:45
 見学「岩谷産業蝓|羆研究所」
  液化水素実験室、超高圧水素実験室、水素ステーション、
  その他実験室、デモンストレーションルーム等
(6)16:45-17:10 総合質疑
(7)17:10-17:15 代表挨拶

 17:15       現地解散


終了した研究会 : 第261回定例研究会(お試し参加可)
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019.09.02

1.日 時   2019年11月6日(水) 13:20〜17:30、終了後交流会
2.場 所   大阪科学技術センター 8階小ホール (交流会:多目的室)
3.プログラム
【研究会】『国・自治体の取組』
(1)13:20-13:25 代表挨拶
(2)13:25-14:15(QA含む)
 講演 嵋務て擦砲ける水素社会の実現に向けた取組について」
  北海道 環境生活部 環境局
   気候変動対策課 地域資源活用グループ 主幹 高橋 和紀氏
(3)14:15-15:05(QA含む)
 講演◆崑膾緝椶砲ける水素需要拡大に向けた取組み」(…1)
    「大阪市における水素エネルギー社会の構築に向けた
      新規プロジェクト創出事業について」(…2)

  大阪府 商工労働部 成長産業振興室 産業創造課 
   課長補佐 木下 巌氏     (…1)
  大阪市 環境局 環境施策部 環境施策課 エネルギー政策担当
   課長代理 大内 美江氏    (…2)


― 休憩(15分) ―

(4)15:20-16:10(QA含む)
 企業紹介「三井金属における燃料電池触媒開発の取り組みと導電性酸化物粒子の紹介」
  三井金属鉱業株式会社 機能材料研究所 主任研究員 阿部 直彦氏
(5)16:10-17:00(QA含む)
 講演「水素エネルギー利活用に関する最新動向と今後の活動方向」
  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 
   次世代電池・水素部 燃料電池・水素グループ 
   主任研究員 原 大周氏
(6)17:00-17:25 総合質疑
(7)17:25-17:30 代表挨拶
【交流会】 17:30〜1時間程度 (立食、途中退席可、無料)


終了した研究会 : 第260回定例研究会
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019.06.18

1.日 時   2019年8月5日(月) 13:05〜16:30 
        (12:30集合、16:50解散)

2.場 所  昭和電工株式会社 川崎事業所 扇町地区
       (川崎市川崎区扇町5−1) 
       川崎キングスカイフロント東急REIホテル
        (川崎市川崎区殿町3−25−11)
        会場名:LiSE川崎生命科学・環境研究センター1F 大会議室
3.内容
12:30   集合:JR川崎駅
12:30-13:00   貸切バス移動(JR川崎駅→昭和電工株式会社 会場)

(1)13:05-13:10 代表挨拶
(2)13:10-13:40
  見学 崗赦妥店株式会社 川崎事業所 扇町地区(破砕成形設備)」
(3)13:40-14:10(QA含む)
  講演 峪藩兀僖廛薀好船奪からの水素製造と
       そのアンモニア原料としての利用」
   昭和電工株式会社 川崎事業所 製造部次長 
   特命プロジェクト担当マネージャー 栗山 常吉氏

  ― 休憩(10分) ―

(4)14:20-14:40
  見学◆崗赦妥店株式会社 川崎事業所 扇町地区
        (ガス化設備、アンモニア製造設備)」
(5)14:40-14:50 総合質疑・代表挨拶

(6)14:50-15:20 貸切バス移動
    (昭和電工株式会社 会場→川崎キングスカイフロント 会場)

(7)15:20-15:50(QA含む)
  講演◆嵜總納匆颪亮存修妨けた川崎水素戦略」
   川崎市 臨海部国際戦略本部 臨海部事業推進部 
   担当課長 間島 哲也氏
(8)15:50-16:20(QA含む)
  見学「川崎キングスカイフロント東急REIホテル(大型純水素燃料電池 等)」
(9)16:20-16:30 総合質疑・代表挨拶
16:30-16:50   貸切バス移動(川崎キングスカイフロント 会場→JR川崎駅)
16:50        解散:JR川崎駅


終了した研究会 : 第259回定例研究会(お試し参加可)
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019.05.15

1.日 時   2019年7月3日(水) 13:20〜17:30、終了後交流会

2.場 所   大阪科学技術センター 4階401号室 (交流会:多目的室)

3.プログラム
【研究会】『水素・燃料電池技術の実用化動向』
(1)13:20-13:25 代表挨拶
(2)13:25-14:15(QA含む)
 講演 崋\ぢ綏真總妊ス発生装置「VHR」について」(…1)
    「家畜ふん尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業の取組み」(…2)

  エア・ウォーター株式会社
   社長室 総合開発研究所 ガスアプリケーショングループ 
    係長   仁田 吉郎氏   (…1)
   エンジニアリング統括室 国内企画部
    担当部長 井上 知浩氏   (…2)

(3)14:15-15:05(QA含む)
 講演◆崚豕ガスの新しい取組〜65%を超える“超高効率発電”に向けて〜」
  東京ガス株式会社 基盤技術部 応用技術研究所
  超高効率SOFCプロジェクトチーム 
  超高効率SOFCプロジェクトチームリーダー 波多江 徹氏

  ― 休憩(15分) ―

(4)15:20-16:10(QA含む)
 講演「液化水素サプライチェーン構築実証事業の概要及び進捗状況について」
  技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構
  技術開発部 副部長 相馬 一夫氏

(5)16:10-17:00(QA含む)
 講演ぁ崚貅任砲けるSOECに関する研究開発の取り組み」
  東芝エネルギーシステムズ株式会社 エネルギーシステム技術開発センター
  エネルギーソリューション開発部 新エネルギー技術担当 
  グループ長 吉野 正人氏

(6)17:00-17:25 総合質疑
(7)17:25-17:30 代表挨拶
【交流会】 17:30〜1時間程度 (立食、途中退席可、無料)


(1) 2 3 4 ... 18 »
参加申し込み
お問合せ
(一財)大阪科学技術センター
技術振興部
〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
TEL : 06-6443-5320
FAX : 06-6443-5319
MAIL :
k.ikoma@ostec.or.jp
hyodo@ostec.or.jp
担当 : 生駒 賢二
     /兵藤 紗矢香
     /吉岡 奈美
Link
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
Copyright © 2007 OSTEC all rights reserved.