Contents
燃料電池・FCH部会〜全国最大級の燃料電池コミュニティ〜
 燃料電池・FCH部会は昭和62年に発足した、全国最大級の燃料電池コミュニティで、燃料電池、水素関連の「講演会・見学会・ディスカッション」により、当該分野関係者のコンセンサスを醸成し、会員相互の情報交流を行います。
 部会には第一線で活躍されている研究者・関係者が参加し、相互研磨の場、企業間、企業と大学・研究機関といった繋がりの、きっかけ作りの場としてもご活用いただいております。
 水素・燃料電池分野への新規参入を本気で考えておられる企業様にも最適な研究会です。


メンバー  代表:江口 浩一(京都大学 教授)、稲葉 稔(同志社大学 教授)
      副代表 :鈴木 稔(大阪ガス株式会社 部長付シニアリサーチャー)
会  員:127名(産業界33法人63名、学・官界64名)
活動概要:年7回定例研究会を開催(講演会4回、見学会2回、公開シンポジウム1回を予定)
      関心の高いテーマ、タイムリーな開催を心掛けています。
      詳細は活動計画書をご確認下さい→平成30年度 燃料電池・FCH部会 活動計画書(PDF)
会  費:協賛金 15万円/年(都度の参加費はいただいておりません。)


 講演会開催時には、「お試し参加」を設けております。1社1回に限り、研究会および終了後の講師・会員との交流会に無料でご参加いただけます(1社2名まで)。入会検討の際には、ご活用ください。

  
開催情報
最近の開催情報 : 第257回定例研究会(お試し参加可)
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019.01.22

1.日 時   平成31年2月26日(火) 14:00〜17:30、終了後交流会
2.場 所   大阪科学技術センター 4階401会議室 (交流会:多目的室)
3.プログラム
【研究会】『学会トピックス』
(1)14:00-14:05 代表挨拶
(2)14:05-15:00 (QA15分程度含む)
 講演 峭皺洪緇気・二酸化炭素電解を用いたメタン等合成技術の研究」
  国立研究開発法人産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域
  省エネルギー研究部門 エネルギー変換技術グループ 
  主任研究員 田中 洋平氏

(3)15:00-15:55 (QA15分程度含む)
 講演◆嵳機物修飾による白金触媒の酸素還元活性向上効果」
  国立研究開発法人産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域
  電池技術研究部門 次世代燃料電池研究グループ 
  主任研究員 山崎 眞一氏

 ― 休憩(15分) ―

(4)16:10-17:05 (QA15分程度含む)
  講演「カーボン担体の可能性 
   〜炭素担体の細孔構造が固体高分子形燃料電池の性能に与える影響〜」
   新日鐵住金株式会社 先端技術研究所 上席主幹研究員
   リーディングリサーチャー 飯島 孝氏

(5)17:05-17:25 総合質疑
(6)17:25-17:30 代表挨拶

【交流会】 17:30〜1時間程度 (立食、途中退席可、無料)


終了した研究会
参加申し込み
お問合せ
(一財)大阪科学技術センター
技術振興部
〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
TEL : 06-6443-5320
FAX : 06-6443-5319
MAIL :
k.ikoma@ostec.or.jp
hyodo@ostec.or.jp
担当 : 生駒 賢二
     /兵藤 紗矢香
     /吉岡 奈美
Link
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
Copyright © 2007 OSTEC all rights reserved.